HOME » 中小企業への就職のすすめ » 中小企業で働くメリットとは

中小企業で働くメリットとは

中小企業ならではの魅力と、中小企業に就職するメリットを説明します。

中小企業に就職するメリットとは?

営業マン

日本企業全体の99.7%を占める中小企業。雇用人数も中小企業が7割を占め、大手企業の求人数よりも、圧倒的に多いことが分かります。

しかし、大手企業に比べると企業の知名度も低く、会社情報が少ないため、人が集まらず人材不足が悩みの種、という中小企業は少なくありません。裏を返せば、狙いを定めれば就職しやすい状況にある、とも言えます。

また、中小企業に就職すると、次のようなメリットもあります。

仕事の自由度が高い

大企業のように細かな部署分けがない会社がほとんどなので、やる気次第でさまざまな仕事に携わりスキルを磨くことができるのが魅力です。部署が分かれている場合でも席同士が近いことも多く、時には部署の垣根をこえて業務に携わるケースもあります。

自分で、企画の立案から営業、商品のディレクションまで担当するというような大仕事を任されることもあり、大手では経験できない達成感を味わえる機会も多いようです。

意思の疎通が図りやすい

大企業に比べて企業の規模が小さいため、社長や上司との距離が近く自分の意思を通しやすいです。会社にとって利益をもたらす提案は即採用、即実行というパターンも多々あります。大手だと、提案が採用されるまでに何人もの承認を得なくてはならず、せっかく良いアイデアを出しても旬の時期を逃してしまったり、大人の事情で没になったりするケースも少なくありません。

自分の実力を発揮しやすい

従業員数が少ない分、ライバルも少ないので伸び伸びと仕事に臨めます。自分の実力を発揮しやすい環境が整っているため、早い段階で役職に就くケースも多々あります。大手だと、同期入社だけでも相当な人数がいるため、いくら実力主義とはいえ上司に気に入られるための社内営業も欠かせません。特に、男性の場合は出世レースの土俵に上がるだけでもひと苦労で、出世街道を歩む道のりも険しいものです。こうした煩わしさから逃れたい人は、中小企業が向いているはずです。

経営者目線での仕事ができる

中小企業で重宝されるのは、企画・開発・経理など、あらゆる観点をふまえて仕事ができるタイプの人。企画を通す際にも、このアイデアが会社にどの程度の利益をもたらすかといったマクロな視点で仕事をするため、将来、起業を考えているような人には、自分のスキルを磨く場としては最適だといえます。

やりがいのある仕事を見つけるために
おすすめの求人サイト一覧をチェック>>