HOME » 中小企業への就職のすすめ » 日本のすごい中小企業

日本のすごい中小企業

他社が真似できない高い技術力を持っている、日本のすごい中小企業を紹介します。

世界に誇れる技術力!日本のすごい中小企業

基盤

日本には430万もの中小企業が存在していて、なかには世界が驚くような技術を開発した企業もあります。戦後からバブル期、そして現在までの日本経済の成長を支えてきたのは、まさに中小企業が生み出してきた高品質のものづくり。

有名なソニーやホンダも最初は中小企業だったのをご存知ですか?ここでは、高い技術力を誇るトップランナー中小企業をまとめてみました。

根本特殊化学

世界シェア8割、夜光塗料で世界一の技術を誇る企業。一定時間、光を蓄えれば停電時でも長時間光る画期的な夜光塗料「ルミノーバ」を開発。東京の地下鉄などでは、災害時の避難誘導灯とともに、この塗料を使った誘導標識が使われています。

さらに、時計用夜光塗料では世界シェア99%とほぼ独占状態です。

大信製作所

設計した通りの形状に製氷できる機械「アイスモールド」を開発した千葉県松戸市の金型メーカー。丸い氷を作るために開発した製氷機で、ウイスキーメーカーから声が掛かったことで世界中から注文が殺到するようになりました。

従業員3人の小さな会社ながらも、現在は世界市場に参入して海外需要の取り込みにおいて成果を上げています。

シーベルインターナショナル

世界初の流水式小水力発電を開発し、2008年度東京都ベンチャー技術優秀賞を受賞した東京都千代田区の企業。わずかな勢いの水の流れを利用する仕組みで、落差なしで水のエネルギーを発電に変えることを実現しました。

音力発電

音や振動によって電力を産みだす、究極のエコ技術を開発。ゲートに埋め込まれた「発電床」の上を通行することで電力が生まれる仕組みで、音や振動などの利用価値がないと思われていたエネルギーを有効活用できるとあって話題を呼んでいます。

深中メッキ工業

超薄型メッキ技術で、日本はもちろん世界シェアを多く占める会社。コピー機のトナーカートリッジ内の部品やF1のエンジン、液晶テレビの基盤の一部品などを製造しています。

モノベエンジニアリング

油からアスベスト排水、バラスト水、液体、食品、化学薬品、粉じんに至るまで、あらゆる物質の濾過装置で世界唯一の技術を使っている千葉市の会社。

通常の濾過装置は、ステンレス製の網やテフロンなどの膜、もしくは巻いた糸などを使用しますが、モノベエンジニアリングでは樹脂、もしくはSUSを巻いてバネ状にした筒状のフィルターを採用。シンプルかつ強靭、高速かつ精密、メンテナンスが簡単、産業廃棄物が出なく地球に優しいなど、数多くのメリットがあります。

やりがいのある仕事を見つけるために
おすすめの求人サイト一覧をチェック>>