HOME » 中小企業への就職のすすめ » 99%の会社は中小企業

99%の会社は中小企業

就職活動中に知っておいたほうがよい、中小企業と大企業の違いを説明します。

中小企業と大企業の違いとは?

打ちあわせ中

就職活動をする時に必ず耳にする「大企業」と「中小企業」という言葉。大企業は誰もが知っているような有名企業で、中小企業はその他大勢という漠然としたイメージをお持ちの方もいると思いますが、大企業・中小企業の違いはきちんと定義が存在します。

とは言っても、大企業そのものが定義されているわけではなく、中小企業の定義に該当しない企業を「大企業」とみなすのが一般的です。以下に大企業の定義をまとめてみました。。

【大企業の定義】

  1. 資本金の額又は出資の総額が3億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が300人を越える会社及び個人であって、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの
  2. 資本金の額又は出資の総額が1億円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの
  3. 資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人であって、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの
  4. 資本金の額又は出資の総額が5000万円を越え、かつ常時使用する従業員の数が50人を越える会社及び個人であって、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの


上記4つの条件を満たす企業がどれくらいあるのかと言うと、実は日本企業の0.03%のみ。つまり、99.7%(430万社)は中小企業であり、雇用も約7割(約2800万人)を占めているのです。430万社と言っても、世界トップクラスの技術を持つ企業から地元に根ざした小売商店までその規模はさまざま。多種多様な業種の中小企業が日本経済の発展を支えてきたのです。

学生のうちは「大手志向」が強い傾向にありますが、1%にも満たないのですから当然ながら競争率は上がります。

また、大手企業は知名度が高いので「安定している」と安易に連想しがちですが、企業規模と安定性はほとんど無関係。大手企業でも倒産するケースはありますし、中小企業でも財務的に安定している会社もあります。

ネームバリューやブランドがあるという理由で会社を選ぶのは非常に危険なことでもあるのです。

自分にとっての「一流企業」を探そう

現在、就職活動中の皆さん、もしくは、これから就職活動を始める皆さん。就職先に対する想いや選ぶ条件は人それぞれですが、どうせ働くのであれば「自分の実力を遺憾なく発揮できる会社」に就職し、世の中に貢献できる仕事に就くことこそが就職の意義ではないでしょうか。

もちろん、ネームバリューを重視するのが悪いわけではありませんが、「自分が本当に輝ける場所なのか」ということを常に意識して就職先を探すことが理想の就職活動だと言えます。

大企業でも中小企業でも、どちらにしても自分の目で見て、徹底的に会社について調べ、情報を集めて判断し、自分にとっての一流企業を見つけてくださいね。

やりがいのある仕事を見つけるために
おすすめの求人サイト一覧をチェック>>